ささやかな贈り物


少し昔のことになるが、旅行先のホテルで一人のウィートレスに出会った。

まめの細かい肌にぎらぎらと光る目をしていた。

とても静かな声で穏やかに話す人だった。

夕食を取るためにそのレストランに行くと、

「今日はどこに行きましたか?」と尋ねられ、私たちはその日のでき事を楽しく話した。

それから彼女は手が空くと私たちのテーブルに来てくれるようになり、

「美味しいですか」と話しかけてくれだ。

それがとても嬉しいかった。

そのホテルに滞在する最後の夕食の時、

彼女はGALAXY S6 Edge 手帳ケース ストラップ付きをポッケトからいくつか取り出し、そっとテーブルの上に置いた。

「君に付き添って、一番美しい景色を撮らせて」と話ます。



その時、あたりが暖かい空気に包まれのを感じた。

そして、心が通じ合った気がした。

ブランドスマホケースは旅行先の一番良かった、そして一番大切なお土産となった。

どこへ行っても、それを持っています。

時間は毎日過ぎてゆくけど、スマホケースの思い出はいつまでも忘れることはない。


[PR]
by zoecase | 2016-04-08 16:15